全てのはじまり

1994年にクリスチャンと彼のチームはフェラーリF40とマクラーレンF1からインスピレーションを受け、それにスウェーデン製ならではの特徴を加えたミニマリスト主義的で、ピュアで、本気のスーパーカーを生み出そうとしていました。機能、デザイン、そして性能の面で既存のスーパーカーに並ぶだけでなく、多くの点でそれらを越えられなければ、誰一人としてスウェーデンの新興自動車会社など見向きもしないであろうことをクリスチャンは理解していました。CCは優れたシャシーと素晴らしいハンドリングを備えていただけでなく、ケーニグセグならではの着脱及び格納可能なルーフを持ち、しかもそれを完全なるクーペスタイルの中で成立させています。これは当時のスーパーカーとしては実にユニークでした。というのも、これはフェラーリF50とポルシェカレラGTの登場以前であり、しかもどちらもCCのように完璧なクーペスタイルは実現出来ていません。F50に至っては、取り外したルーフを格納する事すら出来ないのです。

CCはフロアパンもボディも当時既にカーボンのサンドイッチ構造を採用していました。当時広く使われていたスペースフレーム構造ではなく、スチールモノコックにクロモリ製鋼管を組み合わせたシャシーは、後のプロダクションモデルで採用されるフルカーボンモノコックの登場に多大な影響を与えました。

CCは、実用的かつユニークなディヘドラルドア機構を備えた初のケーニグセグでもありました。これがまさにケーニグセグブランドの代名詞であり、他とは一線を画すメカニズムです。デザインモデルから最初のプロトタイプ、そして実車へのアップスケールは、クリスチャンと彼のチームによって完全なる手作業でしかも短時間で行われました-それ故に実車はエッジ周りの仕上げが少し雑でもあり、またプロポーションには少し狂いが見えたりもします。しかしCCは素晴らしいドライバーズカーであっただけでなく、周囲の注目を集めるとともに新興企業としての将来を示した事で、そのテストモデルとしての役割を果たしました。

エンジンはアウディ製4.2L V8と、同じくアウディ製トランスアクスルをそのまま使用しました。このエンジンが選ばれた理由は、生産型のCCのため、よりハイチューンを施す上でのベースユニットとして優れているとクリスチャンが考えたからです。しかしケーニグセグはアウディとのエンジン供給契約を結ぶに至らなかったため、他の解決策を探す必要に迫られることになります。

Gallery

VIDEO

ケーニグセグ CC8S

CC8Sにまつわる幾つかのストーリーとコーナーを駆け抜ける様子を収録した映像

Close
Go top