レースの世界へ

CCGTはクリスチャンとエンジニア達のサイドプロジェクトとして誕生しました。クリスチャンがCCの1台目のプロトタイプの設計/製造を開始した当初から、既に彼の構想にはレース参戦がありました。そのため、クリスチャンはACOのルマン規則を研究し、当時最も世界の関心を集めていたGT1クラスに適合する車を造ることを決意します。

この規則には、車幅が2mを超えない事と、運転席は少なくとも車幅の70%以上である事が定められていました。そのためクリスチャンは、GT1カテゴリーに合致するベースとしてのロードカーを作る為、ディメンションを正確に測定しデザインしました。

CCGTは、ケーニグセグが量産車を生産する傍らで進められたサイドプロジェクトの為、最初のプロトタイプが完成するまでに数年の月日を費やしました。設計はケーニグセグCCRに基づいていますが、ヘッドライトなどの小さな部品はCC×のものを使用しています。

その結果、車体剛性は恐ろしく高く、バラストなしの重量が1000kg以下、600kg以上のダウンフォースを発生し、自然吸気でしかもリストリクター付きで600hp以上を誇るという、驚異的な一台が完成しました。C

CGTをドライブした数少ないドライバー達は、一様にそのハンドリングを夢のようだと評価しており、充分な競争力を持っていたに違いありません。

それにも関わらず、CCGTがレースに参戦しなかった理由は何故か?それはケーニグセグが順調にシェイクダウンを終えた2か月後、ACOとFIAはGT1クラスのレギュレーションを変更したのです。カーボンモノコックは禁止となり、数年間で合計20台ほどであった最低生産台数が年間350台へと大幅に引き上げられた事で、このプロジェクトにピリオドが打たれたのです。

CCGTはケーニグセグ史上最も希少かつエキサイティング1台とされており、そのサウンドはとてつもなく魅力的なものです。

Specification

エンジン

  • ローラースロットル(独立吸気トランペット付き5.0L V8 32バルブ自然吸気エンジン(ドライサンプ潤滑)Nira製エンジンコントロールシステム

トランスミッション

  • ケーニグセグ(Cima製シーケンシャルマグネシウムトランスアクスル式、ストレートカットギア、ドグミッション、変更可能ギアレシオ、215mm径 APレーシング製カーボンツインプレートクラッチ

サスペンション

  • ダブルウィッシュボーン、調節式ガス油圧式レーシングショックアブゾーバー、プッシュロッド式
    アンチロールバー
    ピットストップ用空気式リフティングシステム

ブレーキ

  • フロント:ベンチレーテッドセラミックディスク(362mm×37mm、6ピストン軽合金モノブロックキャリパー)、ケーニグセグ製制御システム
    リア:ベンチレーテッドセラミックディスク(362mm×37mm、6ピストン軽合金キャリパー)、ケーニグセグ製制御システム

ホイール

  • ケーニグセグ-Dymag製センターロック式マグネシウム軽合金ホイール

ボディ

  • 2ドア2シーター プリプレグカーボンファイバー/ケブラー製ボディ、サンドイッチ補強材
    カーボン/ケブラー/アルミハニカム製レーシングシート
    ケーニグセグ-ME-レーシング製ホモロゲーション取得済みロールケージ

ディメンション

  • 全長:4293mm(1169インチ)
    全幅:1996mm(178.6インチ)
    全高:1030mm(140.6インチ)
    最低地上高:50mm(12インチ)
    燃料タンク容量:100L
    乾燥重量:1100kg(1100kgのバラスト込み)

ステアリング

  • ラック&ピニオン式パワーステアリング

シャーシ

  • プリプレグカーボンファイバー製ハニカム構造セミモノコック

インパネ

  • AIM. フルテレメーターシステム

Gallery

ケーニグセグCCGT、ケーニグセグ本社にて

ケーニグセグCCGT、オッシャーズレーベンにて

ケーニグセグCCGTのスタートアップ、ストックホルムでのオートショー“Superbilsmässan”にて

ケーニグセグCCGT

Close
Go top