ある一人の男の夢

多くの若い男性がそうであるように、クリスチャン・フォン・ケーニグセグは少年のように機械に魅了され、 いつの日か完璧なスポーツカーを彼自身が世に送り出す夢を思い描くようになります。

しかし、クリスチャンは他とは異なる突出した才能を見せ、 実際に22歳という若さでその夢を実現したのです。

並外れた決断力と将来のビジョンを武器に、クリスチャンは彼の夢であるスーパーカーケーニセグCCを作り出すため、 技術の革新において限界を追い求めることになります。

クリスチャンの夢の現れであるケーニセグCCが完成したとき、その成功は完璧を求める彼の底知れぬ探求心を世に示し、 後に彼の名前を社名とする会社設立するに十分な自信を与えることになりました。

クリスチャンの生い立ちは、彼が造りだす車と同じようにユニーク且つ魅力的なものです。

彼がわずか五歳の時、自転車の修理工がレーシングカーを造るノルウェーのストップモーション映画を鑑賞します。

この映画は、完璧なスポーツカーを造ることを夢見る若きクリスチャンに感銘を与え、 およそ17年後、大多数の予想を覆し彼はその夢を現実のものとしたのです。

初期の段階においてクリスチャンは設計に興味を示し、 新しい技術を身につけ挑戦を続けることを大いに楽しんだといいます。

例えばビデオレコーダーやトースターを解体し、 その作動方法を確認すると同時に、手を加えることによりその機能を向上することが出来るか思案しました。

1990年代初期、彼は若干十代にして町内最高のモペットチューナーとして知られるようになり、 18歳の誕生日を過ぎた頃には、次々と浮かぶアイディアを活用し本格的に技術革新に取り組み始めました。

彼が行う革新の1つにチッププレーヤーと呼ばれるものがありました。

メモリーチップにCD一枚分のデータを保存できるとし、 恐らくそれが音楽を安く購入し保存する最良の方法だとクリスチャンは考えます。

彼は、ディスクの代わりにチップを再生することができる音楽再生機器の特許を申請しようと試みました。

しかし、あまりにも現実味に欠けたアイディアであったため、 興味を示す者はなく、後にそれが常識になるとは知らず諦めざる得ない状況へと追い込まれたのです。

1991年、彼は接着剤や釘なしで床の板を接合することができる技術を発明しました。 彼はそれをクリックと呼び、文字通り1クリックをするくらい簡単に出来るというのが名前の由来でした。

彼はこの技術をベルギーでフロア工場を経営する義理の父親に明かしますが、 父親はそんなものはるか昔に既に考案されているからと提案を退けます。

その後、クリスチャンは他のフロアメーカーに対しても説得を続けましたが、 最後まで受け入れられることはありませんでした。

しかし1995年、ベルギーとスウェーデンの会社がクリスチャンと全く同じ技術を採用し特許を取得、 クリックと名付け今や数十億ドル規模の産業にまで発展しています。

数々の革新

クリスチャンが車の構築を始めてから、技術革新のほとんどが自動車分野で行われていました。

彼の最初の発明であるthe Dihedral Synchrohelix Door Actuation Systemにより、 縦列駐車時、幅広の車であっても乗り降りが容易に行えるようになりました。

何故ならば、以前のドアシステムは二段階のモーションが主流であり、 ほとんどのユーザーが使いこなしにくいと感じるものでした。

そのため、クリスチャンは複雑な動きを一段階にすることでそれを解決し、実用性の高いドアシステムへと改良したのです。 更に最新のレゲーラモデルでは、ソフトクローズ機能を付けることでスムーズな自動開閉を可能にしています。

クリスチャンは燃焼エンジンにも強い関心を示し、この分野においても様々な発明品を世に送り出し特許を取得しています。

ケーニグセグの最初のエンジン分野での発明は、既に特許取得済みのロケット触媒コンバータでした。 既存の技術と比べて小さく軽量で、より早く消灯し、低い逆圧、消音効果など、様々な利点を持ち合わせていました。

クリスチャンが考えたa dynamic overflow principleにより、ロケット触媒コンバータは確実に作用するようになり、 ギネスブックによると、CC8Sが世界で最も強力な公認量産車と認定されるための鍵となったのです。

第二の発明は、遠心過給機のブローオフバルブの代わりとなる過給機応答システムでした。

クリスチャンのアイディアは、オフスロットルの状態で加圧された空気を吹き出す代わりに、 過給機の前にスロットルボディを置きインレットを閉鎖することでした。

これは以前のものと比べ、クルーズ走行時のParasitic loss、過給時のノイズ、ブローオフ音、オイル漏れを減少させ、 低リスクで高速時のエンジンレスポンスを向上した点において、非常に改善されたものと言えるでしょう。

そのため、このシステムは現在全てのCCR、CCX、そしてCCXRにおいてスタンダードオプションとして装着されています。

第三の発明は、ケーニグセグに非常に効率的な閉回路蒸発システムを導入したthe under pressure drysump tankです。 CC8Sのシリンダー圧が既に最高圧に達しており、ピストンブロウを制御するためにもこの発明は必要不可欠だったのです。

クリスチャンはその後も改善を重ね、 今日のケーニセグに至るまで以下に挙げるような技術を生み出し続けました。

統合燃料タンク

利点:優れた安全性、カーボンシャーシバランス、重量配分、パッケージ

形状記憶型シート

利点:ユーザーの身体的特徴に合わせて調整され、カーボンシャーシの反応と安全性を高めるため、 突然衝撃を受けた際ショアバルブが上がるよう設計されています。

トリプレックスサスペンション

利点:急な加速時でも、サスペンションジオメトリーを乱すことなく上下運動を行い、 舗装がされていない道を走る際スタビライザーの乱れを緩和します。 また、コーナリング時にはショックアブゾーバーの剛性を高め、 片方のホイールが障害物に乗り上げた時には逆に剛性を弱め対応します。

簡易的な変動ターボジオメタリー

利点:高い耐熱性を誇り、従来のものと比べると簡易化された変動ターボジオメタリー

WGプレカットシステム

利点:キャットエレメントを使用することで、より強力なパワーとエギゾーストを清潔に保つことが可能になり、 排気システム内の触媒コンバータの背圧を減少します。

Z shaped, one pivot point anti roll

利点: 軽量で摩擦が少なく動きが機敏

Agera Rのために改良されたレスポンスの良いリアウイング

利点:走行速度を感知するアエロ同様、 風速を敏感に感知させるため、高い油圧や電気なくとも確実に機能するウイング

ホローコアカーボンホイール

利点:クリスチャンは、車のバネ下荷重を低下させるためホローホイールを選び、 ノーベル賞を受賞した製品のメソッドを簡易化させ、更には向上させたのです。

フリーバルブの特許取得

利点:過去13年間、クリスチャンはフリーバルブの開発に取り組んできました。 バルブの動きをスムーズにするため、燃焼エンジンからカムシャフトを取り除いたものです。

クリスチャンはバルブアクチュエーター、制御戦略、アクチュエーターレイアウト、パッケージ、 など事業を進める上で様々な内部開発にも携わっていたのです。

Close
Go top