情熱を力に

スウェーデンは、ワールドクラスのエンジニアに非常に恵まれた国であり、この国の技術開発を牽引してきたのは常に自国の戦闘機開発でした。

スウェーデンのモータリゼーションは長い間、その類まれな「品質」と「安全性」の面からトラック、バス、乗用車のほか、世界的に有名なラリーカーの生産、チューニングを扱うスペシャリストが集う産業の代名詞として知られていました。

しかし、若きクリスチャンが夢であった会社を1994年に起業したことで、この事実は覆されることになったのです。

何故ならば、この時代においてスーパーカーは恐竜や古代遺跡ほど非現実なものであったにも関わらず、彼の揺るぎないミッションは完璧なスーパーカーを創りだすことだったからです。

スポーツカー産業を取り巻く不況も終わりが近づき、世間の注目が世界経済の復興へ向けられる中、クリスチャンは彼の夢を叶えることだけに没頭し、それを実行に移すことになったのです。

幕開け

クリスチャンは彼の夢であるスポーツカーを完成させるため、既存の完璧なビジネス手法を真似るのではなく、自身の心の声に従うことを決意します。

その夢が限りなく不可能に近いこと、またこれまでに挑戦してきた多くの人間が失敗に終わっていることも彼は理解していました。

しかし、彼にとって完璧なスポーツカーを完成させることはミッションであり、妥協や限界、失敗を恐れると言った言葉は彼の辞書にはなかったのです。

1994年、クリスチャンがわずか22歳の時にケーニグセグ社を立ち上げます。

極上の車を造りだすため、例え技術的に困難であっても彼自身が最善と信じるものを追及することとしました。

実際、現在のケーニグセグ社には最先端の機器を備えたR&D部門がありますが、会社を設立した当初、一台目のプロトタイプを製作するにあたりクリスチャンは、自身の信念、想像力、決断力のみを信じるしかなかったのです。

そのため、彼自身が車両の技術的なレイアウトを作成し、わずかな賃金で共に夢を追う数少ない仲間達とともに車両をハンドメイドしていました。

そして迎えた1996年、プロジェクトを始動してからわずか二年後にプロトタイプ『ケーニグセグCC』が完成したのです。

ケーニグセグCCは取り外し可能なルーフと当時最先端のカーボンボディが特徴で、その際立った存在感を周囲に放っていました。

非常に限られた設備と資源であったにも関わらず、直立したウィッシュボーンや他の多くのアイテムは、クリスチャンと彼の仲間達によってこの車両のために製作されたものだったのです。

その結果、『ケーニグセグCC』はオンリーワンの車両として多くの注目を集めることになり、18年経った今でもそのパフォーマンスは衰えず、完成された走りを私たちに見せてくれています。

話題をさらったカンヌ映画祭

クリスチャンは、『ケーニグセグCC』に対する世間の評価を知るため、1997年のカンヌ映画祭に車両を出展します。

人々の評価は圧倒的で、世界に向けてのファーストコンタクトは成功しました。
また、ショービジネスに車両が知れ渡ったことで、クリスチャンは一層の安堵感を感じることになります。

現在へ

クリスチャンのユニークなビジョンと戦略の甲斐あって、『ケーニグセグCC』と彼の会社は記録的なスピードで発展を遂げました。
短い期間でクリスチャンと彼のチームは、スーパーカーの復権に挑み、スーパースポーツの分野においてキーマンと呼ばれるまでに成長しました。

2002年には、ヨーロッパ市場が行った衝突実験を経て、CC8Sモデルの量産を開始し、驚くほど好スタートを切った企業としてその名が知れ渡ることになります。

ギネスはCC8Sをこれまでで最もパワフルな車両として登録し、ミスタートップギアと呼ばれるジェレミー・クラークソンは、彼が最も好きな車としてCC83を紹介しています。

この事実は、若くとも情熱を持った人間であれば、これまでに確立されたスーパーカーの風習や常識さえ覆し、十分に対抗することが出来ると証明したのです。

2005年には、9年間破られることがなかったマクラーレンF1の記録を抜き、ケーニグセグCCRは世界最速の量産車としてギネスに登録されました。
続く2006年、ケーニグセグCCXは2年ぶりにタイムを更新し、トップギア・ラップレコードを獲得します。

代わって、ケーニグセグCCXRは世界初のグリーンハイパーカーで、E85やE100バイオ燃料を使用しながらも、通常のガソリンと同様の走りが可能になるよう設計されています。

この試みは、これまでのスポーツカーには皆無であった環境問題への配慮を取り入れたものであり、世界に衝撃を与えたことは言うまでもありません。

その後もケーニグセグ社は記録を更新し続け、現在は70名もの社員やコンサルタントを抱える会社にまで成長しました。
誰もがクリスチャンの直接の指導の下で働き、自動車のスペシャリストと共に、可能な限り最高の水準に近づけるよう努力を重ねています。

.

哲学

ケーニグセグの哲学は、車の性能を向上させることに焦点が当てられています。
全てのケーニグセグはその性能を向上させるため、会社が目標とする哲学に沿った完成形を目指し、細部まで設計がされています。
使用する原材料、従業員、施設、ソフトウェア、ツール、システム、メンテナンスを決める過程にもこの哲学は反映されており、最高の車を造りだすため無駄なものを一切省くことに成功しています。

ケーニグセグはパワーやスピードだけではなく、品質管理を徹底することで確かな安全性を保障し、顧客満足度の高い製品に仕上げられています。

細部に至るまで理由がある

六層塗装は、400km/h走行時のような過酷な状況下であっても、その耐久性を維持できるようにと採用されています。
その美しいフォルムでさえ、見た目だけを重視した訳ではなく理由があってその形になったのです。

例えば開発期間中、私たちは強風が吹くトンネルの中でテスト走行を行いました。
その間も、顧客が求める性能と快適性を兼ね備えたデザインの外装は、開発者たちの目にもとても美しく映ります。

ケーニグセグはエアロダイナミクスの追究により、綿密に計算され構成された車両と言えるのです。

最高の安全性

ケーニグセグと同じくらいパワフルな車を造る上で、顧客とその周囲の安全に気を配ることことは必要不可欠です。
ドライバーが自信を持って運転することが出来るよう、常に予測を可能にし、レスポンスを向上させるため、ステアリングは軽量でバランス良く造られています。

もちろんこの配慮はステアリングだけでなく車両全体にされており、
厳格な監視の下行われた18種類にも及ぶ衝突実験を経て、世界基準の安全性を証明した近代的な安全装置が全車に取り付けられています。

言うまでもなく、自分たちが造りだした車両を何度もクラッシュさせることは胸を締め付けられるような想いでしたが、我々の哲学に従うのであれば、必ずしも通らねばならない道だったのです。

ハンドメイドへのこだわり

ケーニグセグの内装に使用されているプリプレグ炭素繊維は、細心の注意を払い、全てが手作業で製作されています。

ケーニグセグの哲学を念頭に、最高級の素材のみを使用し熟練の職人によって手作業で仕上げられています。

その創造的なプロセスに顧客が直接及ぼす影響力を考えると、
結局のところ、ケー二グセグはお客様の要望に合わせて製作された最高水準のユニークな芸術品と言えるでしょう。

パフォーマンスの追究

気が遠くなるような細部に渡るケアを怠らず、究極の性能を持つよう設計され製作された車両のことを、我々はケーニグセグ哲学の結晶と呼びます。

ケーニグセグ社はお客様からの期待に応えるべく、世界最高水準と究極の性能を目指し常に努力を怠りません。
これは、今日のケーニグセグを生み出した私たちの伝統であり責任なのです。

ホームグラウンド

ケーニグセグ社は2003年に、現在本社を置くスウェーデン、エンゲルホルムに移りました。
もともと、スウェーデン空軍基地であったそのビルは、一時はJAS39グリペン戦闘機の帰着所として使用されていました。

現在、改装が行われているこの施設は、ハイテクなハイパーカーを製造するための完成された基地として使用されています。

施設内には、複合ワークショップ、エンジン開発及び試験場、組み立てホール、塗装工場、研究開発施設があり、他にも車両や部品を保管するために十分なスペースが確保されています。

スウェーデン南部にある最先端のこの施設にて、ケーニグセグ社は毎年多数のハイパーカーを造りだしているのです。

戦闘機精神

2003年にケーニグセグの元敷地内で火事が起き、同社は本社を現在の場所へと移動させました。
4000立方メートルの広さを持つ施設はスウェーデン空軍が撤退する前、軍の第一戦隊戦闘機の帰着所として使用されていました。

建物に沿って伸びる1.7kmに及ぶ滑走路は、高速でのテスト走行に最適なレイアウトになっており、路幅が50mに及ぶため形を変えてレーストラックとして使用することも可能です。

また、ケーニグセグ社の多くの顧客はプライベートジェットを所有しており、工場のすぐそばにある滑走路に離着陸することもあります。
そのため、正門前にはヘリコプターで移動する人のためヘリポートも完備されています。

オリジナリティー

全てのケーニグセグ車にはプレミアム価格がつけられ、それぞれが可能な限り最高の基準に近づけるよう、マイスター達によって丹念に造られています。

事実、ケーニグセグ社は自身のハイテク施設にて、複雑な金属や炭素繊維の加工と生産をハンドメイドにて行っています。

また、独自のサプライヤーやパートナーのネットワークがあり、主にスウェーデンで活躍する彼らを、スペシャリストとしてヘッドハンティングすることもあります。

これは、中小企業のサプライヤーが信じられないほど高品質な製品を少量生産しており、その功績をたたえ、才能を認める形となったのです。

ケーニグセグ社の製造と組立は、非常に労力を必要し、それぞれの車両には職人の手作業で造られた300を超える炭素繊維部品が使用されています。

言うまでもなく、その材料費は例外無く驚くほど高額です。

将来を創造すること

クリスチャンとKoenigsegg Automotive ABは、ここ何年かの間にいくつかの新技術を取り入れ特許を取得しています。
ロケット触媒コンバータもその一例で、他にも過給機反応システム、可変式ターボシステム等があります。

他にも、社内では炭素繊維を使用したユニークな技術が発案されており、これにより、車両を軽量化し剛性を高めると同時に安全性を確保することに成功しています。

ケーニグセグの哲学は、妥協を認めず不可能を可能にすることを謳っており、実際にケーニグセグ社の従業員は、様々な技術革新を日々行っています。

このオープンマインドな姿勢はまさに、今日のケーニグセグを象徴しているのです。

Close
Go top